制震スーパーウォール

制震スーパーウォール ロゴ

制震テープ画像 高耐震な住まいとして、発売以来、地震による全壊ゼロの実績を誇る「スーパーウォール工法住宅」。
 そのさらなる安心のために、制震機能を取り入れた「制震スーパーウォール」が新たに開発されました。

 大きな地震、繰り返す余震から、家族の安全を守る、耐震とさらにプラスされた地震に負けない家を実現します。

【制震テープ】

制震テープは、高層ビル用の制震装置に使用されているプチルゴム系素材を住宅用に加工した粘弾性体のテープです。

※制震テープは、防災科学技術研究所、東京大学、清水建設の共同研究により開発された、アイディールブレーン(株)の製品です。

 安心の3大メリット

兵庫県南部地震に対する入力倍率と実験回数1.くり返しの地震に強い

制震ではない住宅は、大きな地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。
それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、くり返しの揺れ、余震にもさらに強い住宅が実現できます。


1Fの層間変位の時刻歴(1倍・2回目)2.建物の変形量を約1/2に低減

地震による建物の揺れ幅を比較してみると、制震でない住宅の揺れ幅に比べ制震住宅の揺れ幅はおよそ1/2。

制震でない住宅が40mm変位して筋交いが折れるのに対して、制震住宅は20mmの変位で壁紙が破れる程度の被害という実験結果となりました。

※プランや地震の揺れによって、変形量の提言は異なります。


家がまるごと制振装置3.家がまるごと制震装置

制震装置を部分的に配置する制震とは異なり、建物の構造パネルに制震機能が加わることで、建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑え、大きな地震に対してもさらに粘り強い住宅となります。