しゃちょうブログ

気密住宅と一般住宅の違い

建物の隙間を少なくする住宅を気密住宅と言います。

気密性能の高い住宅と、一般住宅と言う言い方をして、双方の違いをお伝えできればと思いこの様な写真にて。

 

気密性能の高い住宅は、隙間が少ない為

冷暖房をしてもこのように室内に熱量を温存してくれると言う事です

写真は水が抜けにくく、ビニール袋に溜まっている状態です。

 

 

一般住宅として、気密を考えない住まいは、このように水が抜けてしまうという事です。

冷暖房を使い続けても熱量が貯まることが無く、どんどん抜けていってしまいます

ずっと電力を使用し続けているという状態です。

 

だから大川工務店は高気密住宅をオススメしております。

熱量が逃げにくい、気密性の良い住宅を作るかが、重要だと考えています。

 

気密住宅と、そうでない住宅の違いです。